So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

電力自由化 安くない!! その理由は?? [言いたい事言わせて!]

電力自由化で本当に安くなるのか!?
電気料金が高い本当の理由は??
結果的に原発を稼動させることになる??




145866.jpg

電力自由化で電気料金が下がるとニュースになっている!!

でも本当にそうなのか??

一般家庭が使う電気が年間でどのくらい安くなるのか??

電力自由化は本当に安心・安全なのか?

皆さんが知らない電気の仕組みを調べてみた。


まずは、なぜ電力自由化で料金が安くなるのか??って事。

それは単純に今まで日本と言う国は
全国にある~電力と言う会社が電気を作り販売していた。
・東京電力とか
・関西電力とか
・九州電力とか
だが自由化になり
ある程度国が認めた会社が電力を作り販売してもいいよ。
って事になり電気を販売するだけではなく
色々なメリットを付けて売る事が出来るようになる。

簡単に言うと電話会社が電気と一緒に通話料金も払えば
安くなるとか、
クリーンな電力を提供する事で日本をキレイにしようとか

地域密着型の電気販売など

自由化に伴い約200社がこれから電力の販売をする事が出来る。

各社色々とメリット・デメリットがあるので自分で確認して契約するのがイイだろう!


だが・・・

ここで知ってもらいたい事は

電気がどれくらい安くなるのか?

って事。

今自由化で言われているのが

一般的な家庭で年間

5000~10000円ぐらい安くなると予想している。

ええっ!?たったのそれだけ??

と思う人もいるだろう・・・

だが、どうしてもこれ以上、電気料金が下がらない理由がある。

それは・・・・




他の会社が電気を作る事が出来ても
販売する事が出来ても

送電するシステムは東京電力が持っているって事。

簡単に言うと

電気は電線を通って各家庭に届く
その送電線の使用料が各電力会社に取られているって事。

事実、ニュースでも送電線(託送料金)使用料の問題を
出している。

一般的の家庭の電気料金の約3割をこの
使用料(託送料)が占めているという事だ!!
平均8000円のうちの2500円ぐらい

【電力の託送料ニュース】

実際は
託送料は少しずつだが値下げされているようだが、
まだまだ3~4割を占めている。

これでは新規参入してくる電力を作り販売する会社が
いくら安くしたって託送料が3~4割を占めるのであれば
安くならないじゃないか!!

これで本当に安いと言えるのだろうか???

結局、東京電力にお金が入るシステムなんじゃないの??

電力自由化でもう一つ言われている事が

電力を安く使用できるから
たくさん電気を作ると言って

結局、原発を稼働させる事になる。

電力自由化
何の意味があるんだろうか・・・

最終的に踊らされるのは一般庶民なんじゃないのか??

電力自由化・・・・
よく見極めて決めて欲しいと思う。













前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。